12≪ 2017/03 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-03-01 (Fri)
12月6日にデビュー13年目の倖田來未。

そのアニバーサリーを記念して、再びカバーアルバムを発売されました。

そのカバーアルバムColor The Coverジャケット写真を撮影するために2カ月でなんと17kg減!
サプライズでダイエットに挑んだとはいえすごいです。

でもそんな短期間で17kgも落としたらたるみとか心配になりますがジャケットを見る限りそんなことは全く感じさせません。

おそらく減量と筋トレも同時に行ったのでしょうか?

味のないものばかり食べていたから‥とありましたがいったいどんな食事だったのか気になりますよね。








人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
* Category : ダイエット
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

承認待ちコメント * by -

承認待ちコメント * by -

承認待ちコメント * by -

個別記事の管理2012-06-22 (Fri)
最近は決まった時間に食事がとれるようになりました。
遅い夕食はよくないです。


夕食は20時までに‥とよく耳にしますが22時以降の食事は脂肪が貯まりやすい。
体内時計という言葉を聞いたことがあると思いますがこの体内時計に関するたんぱく質がBMAL1(ビーマルワン)
脂肪を蓄積する酵素を増加させます。
このBMAL1(ビーマルワン)は時間帯によって放出される量が違います。

夜22時頃から急激に脂肪を溜めやすくなり、深夜2時~4時が脂肪蓄積のピークになるそうです。
そのため深夜の食事は体重増加の原因になるのです。

厄介なBMAL1(ビーマルワン)ですが太古の時代には人間が生き延びるために必要なものだった違いありません。
それがあったおかけでエネルギーを蓄積することができ人類は生き延びてきた重要なたんぱく質。


長い年月が経ってもその時代と現在の遺伝子はほぼ変化してないってことですよね。
それだったらうまく付き合うしかありません。

一番BMAL1(ビーマルワン)が分泌されない時間は15時、おやつの時間です。
午後10時ごろから急増し午前2時~4時ごろピーク。


規則正しい生活が一番。


脂肪が貯まりやすい時間は食事を控える、これが鉄則かなと思います。




人気ブログランキングへ





* Category : ダイエット
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

承認待ちコメント * by -

承認待ちコメント * by -

個別記事の管理2012-04-27 (Fri)
職場で健康診断がありました。
前もってわかってたら食事抜いていったのだけど急にすることになって。

食事していってたので血糖値が上がってのは当然。

127ありました(笑)
でも食後1時間後なら仕方がない。
ご飯の後にカステラ食べたし。

ヘモグロビンA1cでみたらたぶん正常値でしょう。
たぶん‥。

何も再検査も連絡がないから大丈夫かな?
ということにします。

とりあえず普段から食生活は気をつけます。
これから薄着になる季節。

最近サボりがちなダイエット、がんばらなくては。


人気ブログランキングへ


* Category : ダイエット
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
個別記事の管理2012-03-05 (Mon)
朝食にデザートと低カロリーの食事を組み合わせることで体重を減らすことができるとかいう研究結果が明らかになったそうですよ。

これってどうなの?
朝いきなりチョコレートや高カロリーなケーキなどを食べるということでしょうか。^^;

研究では、144人の肥満の男女を対象に1日あたり男性1600キロカロリー、女性1400キロカロリー摂取制限ダイエットを2種類の方法に分けて実施。

実施方法は低糖質で低カロリーの朝食、一方は高タンパク質かつ高炭水化物で必ずチョコレートやケーキ、クッキーやケーキ等ののデザートを含む朝食を食べた報告ではどちらのダイエットグループも大差なく、なんと平均で14キロ減量に成功。
最初の期間は16週間の研究の結果ですがさらに16週間後、朝食にデザートを食べているグループではその後5.9キロの減量。
しかし一方の低カロリーの朝食グループは1.6キロ以外全部リバウンドという結果に。



同じような研究でイスラエル・テルアビブ大学のDaniela Jakubowiczらによって、Steroids 2011年12月9日オンライン版に発表されたものによると朝食に甘いものを食べることで食欲刺激ホルモン・グレリンの分泌が、AグループよりもBグループのほうがより減少し、満腹感の増加と空腹感を、より感じない体質になることによってもたらされたものであり、加えて甘いものを朝食に食べることで、甘いものを我慢することで生じるストレスが抑制でき、長期的に見るとリバウンドなどを起こさずに、ダイエットを継続することができるようです。この研究によって、甘いものを含む高栄養の朝食を基本とするダイエットメニューが、リバウンドを防ぐためにも効果的であることが証明されたとしています。


‥やはり甘いものを我慢するというのがダイエット継続の壁になっているのでしょうね。
でもこの研究対象者は糖尿病ではない肥満した成人男女を対象としたものなのでご注意を。



人気ブログランキングへ

* Category : ダイエット
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by SuM
はじめましてSuMと申します!ブログ始めたばかりの新米です。とても興味深い内容で勉強になります。是非、情報交換させていただければ幸いです!お時間のある時にでも、わたくしのブログに遊びに来てくれたらうれしいです!わたくしのブログです。http://ameblo.jp/marshallpalacl/よろしくお願いいたします

* by SuM
応援クリックポチッと三票押しておきました!。

個別記事の管理2012-01-14 (Sat)
あけましておめでとうございます。
今年も不定期更新ですがよろしくお願いします。

さて今年に入りもう14日。
昨日は会社で鏡開きのぜんざいをいただきました。
普通は鏡開きというと11日なんだけど。


昨日はゼリーが食べたくてコーヒーゼリーを作りました。

インスタントコーヒーと粉ゼラチンと砂糖があればすぐできます。
あとはグラスに入れて冷やすだけの超~簡単レシピです。

お砂糖も控えめで作ったので安心。

粗熱をとってから冷蔵庫に入れようと思ってたのに風呂上り入れるのを忘れて寝てしまいました。
朝食の後デザートに食べようと思ってたのに。
通常ゼラチンは常温では固まりにくいもの。

しかしこの寒さ、
テーブルの上にラップして置いたままでしたがちゃんと固まってましたよ。

だって今朝の気温は4度。
冷蔵庫と変わりないですものね。

生クリームが欲しいところですがここは牛乳をかけます。

プルルンとしてほどよい苦味で美味しくいただきました。
挽いたコーヒーで作ればさらに香り高い本格的なゼリーがぎきるし、少し甘めに作って牛乳を入れるとドロリッチ風クラッシュゼリードリンクも楽しめますよ。


昨日買い物へいくともうバレンタインの装飾がされてました。
もうすぐバレンタイン商戦の始まりですね。

人気ブログランキングへ

* Category : ダイエット
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。